TCB Pleated Blouse
new
5dc55a88c6aeea037fe54a13 5dc55a88c6aeea037fe54a13 5dc55a88c6aeea037fe54a13 5dc55a88c6aeea037fe54a13 5dc55a88c6aeea037fe54a13 5dc55a88c6aeea037fe54a13 5dc55a88c6aeea037fe54a13 5dc55a88c6aeea037fe54a13 5dc55a88c6aeea037fe54a13 5dc55a88c6aeea037fe54a13

TCB Pleated Blouse

¥29,700 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー2件

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

  • 34

    残り1点

  • 36

    残り1点

  • 38

    残り1点

  • 40

    残り1点

  • 42

    残り1点

  • 44

    残り1点

  • 46

    残り1点

  • 48

    残り1点

世界で最も古い形(推定1880年代)のデニムブラウスです。当時の意匠としては、前たて部分の3つのプリーツ、本藍染による澄んだインディゴ色、そして、1本針による折り伏せ縫いでの仕上げが挙げられます。 Waist Overall同様、それらを忠実に再現しました。 この生地は1800年代のデニムの染色を再現するために、天然藍を使っています。 天然藍の枷染めの場合、糸の芯まで染まるため色落ちはしません。 但し、1800年代のvintageは色落ちしているの事実を生地屋さんに相談し、天然藍のロープ染色にて染めております。 ▪︎Details トリプルプリーツ (写真4) 理由は、諸説ある様子です。 真実はわかりませんが、テーラーメイドというかフォーマルな印象を受けます。 襟と台襟 (写真5) 当時は襟と台襟が一体となった仕様でした。 シンチバック (写真6) 鉄製の2本針仕様と当時の仕様をこちらも再現。 折伏せ縫いでの縫製仕上げ チェーンステッチによる巻き縫い手法が確立していなかった時代のため、折伏せ縫いの1本針縫製にて手間暇をかけて作製しました。そのため、裏側のステッチも綺麗にあがるため、裏側に着てみても面白いかもしれません。 ▪︎サイズ 画像10 をご参照下さい。