Meowchester Shirt
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/13

Meowchester Shirt

¥18,150 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー1件

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

  • 36 Red

  • 38 Red

  • 40 Red

  • 42Red

  • 44 Red

  • 46 Red

  • 48 Red

  • 50 Red

  • 36 Green

  • 38 Green

  • 40 Green

  • 42 Green

  • 44 Green

  • 46 Green

  • 48 Green

  • 50 Green

1960年代、Levis初のコラボレーションと言われてる 『Winchester Shirt 』 当時西海岸では業界は違えど最大規模の会社二つのコラボということで注目度が高かったみたいです。Winchester社は、西部劇で見るようなライフルの生産をしていた会社でしたが、それ以前は開拓民へ向けての洋服を販売していたようです。ライフルを使って、狩猟を楽しんでね!というメッセージなのか、9つの動物が描かれるオリジナルプリントがお気に入り。 観れば観るほど可愛いなって思ってたWinchesterの生地。 この生地は当時Levisが用意した訳では無く元々Winchester社が作ってた物らしいです。 Winchester側が作った生地だからかもしれませんがベースの生地はチープなのですが、それが良い意味でプリントを際立たせたのではないかと思っています。 最初は9種類の動物をずっと見つめて 『可愛いなー』 って思っていたのが いつもの悪い癖で 『猫にしたいなー』 となった次第です。 タテヨコ20番手のシーチングという平織の生地でオンスは4.5oz 顔料プリントにて9パターンの猫をプリントしました。 クロネコは撮影が難しい為、タンゴがイラストを含む3匹、トラちゃんが6匹という構成です。 今回Winchesterを元ネタに作るシャツの名前はMeowchester ボタンもVintageはライフルを作ってるWinchester社らしく使用済みの弾丸から作られるというアップサイクル仕様だったみたいですが、流石にTCBではライフルの使用済みの弾丸を手に入れるまで辿り着く事が出来なかったので真鍮で作成しました。もちろんフォントには拘り、vintageには30-30と記載されてるのですがMeowchesterは2-22のニャンニャン仕様です。 そしてスナップボタンの爪も昨今の形は8つ割れと言って8つの爪でスナップするのが主流なんですが、TCBではVintage同様6つ割れを再現しました。 6つにしてる理由はシャツを引っ掛けてしまった時、スナップに力が加わると外れやすくして生地が破れない様にする為と聞いたことが有ります。 取り外しは軽くなってしまうという難点は多少有りますが恐らくDENIMより薄いウエスタンシャツに採用するには6つ割れが最適だったんだろうなと思います。 シルエットに関しては、ビンテージはかなり着丈が長くタックイン前提のサイズ感になっていましたが、TCBのMeowchesterは少し着丈を短く調整して、裾を出して着てもしっくりくる形に修正しております。 ■サイズ感 180cm 85kg でサイズ44を着用しています。 Dude Ranch Shirt や Ranchmanは46がマイサイズなので、若干大きめの作りになっています。